ツミキ食堂 › 設計室saho › 壁はしごいてその後お化粧

壁はしごいてその後お化粧

2013年09月22日

築80年の古民家は土壁です。
最近のおうちには殆ど使われなくなっています。
吸湿性や断熱性に優れていて汚染物質を吸収し脱臭したり
温度変化がゆっくりなのが特徴ですが
工期がかかることや高度な技術が必要なことなどから
職人さんが減ってきているそうですicon15

今回はその土壁の上にモルタルでしごき(薄く平らにする)、
最後は漆喰で綺麗な白壁へとお化粧されていきます晴れ

今回はそのしごき左官の様子です。

まずは土壁十編の天井や柱についた汚れをおとします。
特に柱や梁(はり)には土壁を左官された時の土が
多くついていてこそぎ落とします。

次にマスキングでセメントが柱につかないよう養生します。


そしてセメント塗り開始
途中経過はこんな感じ


そして完成~icon12
セメントが乾くのを待って次に漆喰塗りです。
そちらは次回にご紹介


部屋の壁をくるくる回りながら見ているとセメント仕上げでも綺麗な雰囲気。
塗りたてだからかな?
第二工程の漆喰が塗られたら多分おおっ!ってなるだろうなぁface03


同じカテゴリー(設計室saho)の記事画像
解体中
ロハス設営
地鎮祭
陣中見舞い
今日の夕焼けはいつも以上
頑張った日の夕焼けはやけに綺麗
同じカテゴリー(設計室saho)の記事
 解体中 (2013-11-17 21:10)
 ロハス設営 (2013-11-13 06:52)
 地鎮祭 (2013-11-11 23:33)
 陣中見舞い (2013-10-07 16:23)
 今日の夕焼けはいつも以上 (2013-10-06 16:10)
 頑張った日の夕焼けはやけに綺麗 (2013-10-04 20:28)

Posted by 木のめ舎 at 20:56 │設計室saho